Category
  • カテゴリーなし

キャンディ

飴、人間の営みにおいて、お菓子の隠れた名脇役といえる。
禁煙している時に、口が寂しい時に、飴はチョコやクッキー等にも負けないお菓子の主役なのだ。
ちなみに、筆者もこの記事は飴を舐めながら食べている。
先日はしゃぎすぎて喉を痛めてしまったのだ。

まあそれはともかく。
お菓子作りをしたい人にとっても、飴作りは簡単な一歩を踏み出すための良い材料なのだ。
安く、簡単に作れて、しかもオリジナルの味付けもとっても簡単。
オリジナル。この言葉に心動いた人はいないだろうか。
やはりお菓子作りは、自分のオリジナル要素を入れたいと思う職人気質の人は大勢いる。
ただいきなり応用から始めてしまっては、失敗の山を作るばかりだ。
だが安心してほしい。アメはオリジナル要素が簡単に作れる上に、失敗してもダメージが極めて小さいのだ。
バンバンチャレンジして、バンバン失敗して、お菓子作りのセンスを磨こう。

ただ、作るんだったら成功させたい。そんななたに。
安心してほしい、オリジナル要素を入れなかったらこれほど簡単なお菓子作りはない。
本記事では、オリジナル飴の作り方と、職人に頼む場合のオリジナルアメの紹介をする。
気軽にキャンディでも舐めながら読んでほしい。
ちなみに筆者はここまで迷わずに筆が進んだので未だにキャンディは溶けていない。

外部おすすめリンク

プチギフトにも最適なオリジナル 飴を作るなら業者に頼んでみましょう。小ロットから製作可能なので学校行事等にも最適ですね。